おすすめサプリメント.com

このブログでは、アメリカの低価格高品質なサプリメントが購入できる「iherb」での購入方法、割引クーポンコード、iherbのお勧め商品情報を紹介していきます。

iherb(アイハーブ)で買える「キシリトール100%」のガム・キャンディとキシリトール甘味料・歯磨き粉

      2018/04/27

この記事の所要時間: 91

musib2

この記事ではiherb(アイハーブ)で買えるキシリトール100%のガム・キャンディ、キシリトール甘味料、子供向けキシリトール歯磨き粉を紹介していきます。

ここで紹介するサプリメントはアメリカのサプリメント通販「iherb」で購入することを想定しています。
iherbを利用したことがない方は別記事の「iherbの買い方・使い方」を参考にしてください。

1、意外と少ないキシリトール100%のガム

日本ではロッテを中心に様々なメーカーがキシリトールガムを販売していますが、 実は「キシリトールだけを使用している」というガムは全然売られていないのです。

私たちは無意識のうちに「キシリトールガムには砂糖は入っていないんだ」という思い込みがありますが、実際には思いっきり入っています
日本のキシリトールガムの場合、キシリトール含有率は大体50%前後にしか過ぎず、残りは歯にあまり良いとはいえない砂糖などの甘味料が入っているのです。
このことについて色々調べたブログやホームページがありますので詳しくはそちらをご覧ください。

キシリトールの謎
キシリトール入りガムを食べ続けて虫歯になる?

2、ロッテのキシリトールガムを噛むといつも歯が痛み出していた私

これは私がキシリトール100%ガムの存在を知る前、つまり「キシリトールガムにはキシリトール以外の甘味料は入っていない」と勘違いしていた時期(大体2009年ぐらい?)の話です。
その頃から私は健康法オタクをこじらせていて 、食事の後はロッテのキシリトールガムを念入りに30分ほどくちゃくちゃくちゃくちゃと噛んでいました。

しかし噛むたびに毎回不思議な現象が起きていました。
歯が痛むのです。

普通ならここで「ガムに歯が痛む原因があるのではないか?」と疑うところですが、「キシリトールガム=歯に良いもの」というイメージがあまりにも強く刷り込まれていたので、キシリトールガムそのも疑うことなくその後も念入りに食後にガムを何十分もくちゃくちゃくちゃくちゃ噛み続けるということを繰り返し続けていました。
しかし、ある時「キシリトールガムをもっと安く買えるところはないか?」とネットで色々調べていたところ、歯医者のみで売られている「歯科専用キシリトールガム」なるものが存在していることに気がつきました。
ただ、値段はロッテのキシリトールの約2倍の1000円を超えるもので、「なんでこんなにバカ高いんだ?」と思って商品説明よく見るとキシリトール100%と書かれています。

ここでピンと来ました。
「ひょっとしてキシリトールガムを噛むたびに歯が痛むのは、普段噛んでいるガムがキシリトール100%ではないからなのではないか?」
そして、その歯医者のみで売られている歯科専用キシリトール100%のガムを購入して噛み始めたところ、何十分噛み続けていても全く歯が痛まなかったです。
このように、私は歯を良くしようと思って一生懸命キシリトールガムを噛み続けていたのに、実際には一生懸命歯を悪くしていたという、全く無駄な努力を繰り返していたと判明したのです。

皆さんにはこのような私と同じような過ちをくれぐれも繰り返さないようにしてください。
キシリトール100%ではないガムは、虫歯予防どころか虫歯リスクを増すだけです。

3、キシリトールガムもやっぱりアメリカの方が安い

サプリメントにしろオーガニック食品にしろ、アメリカの方が安く、かつ品質も高いというのは今更言うまでもありません。
そしてこのキシリトール100%ガムも例外ではなく、アメリカの方が安いのです。

例えばamazonでは【歯科専用】キシリトールガム ボトルタイプ90粒(アップルミント)が153g入り1310円で売られていますが、iherbではほぼ同量の150g入りのキシリトール100%ガムが6.62ドル(1ドル110円計算で約730円)で売られています。
つまり半額近い価格で買えるのです。

4、「味がすぐなくなる」というレビューについて

キシリトール100%ガムのレビューを見ていると、「味がすぐなくなってしまう」というものがちょこちょこあります。
しかしこれは当たり前なのです。
キシリトールというのはそれほど甘みが長持ちしない甘味料なのです。

おそらくこの「味がすぐなくなる」というレビューを書いた方は、かつての私のように「キシリトール100%ではない日本のメーカーのキシリトールガム」を普段食べていたのでしょう。
実際、キシリトール100%ではない日本のキシリトールガムは味が長持ちします。
これはキシリトールの甘みがなくなった後も、キシリトール以外の歯に悪い甘味料が残り続けているからです。

これは見方を変えると「味が長持ちするのはむしろキシリトール100%ではない、歯に悪いガムである」という証拠でもあるのです。

5、キシリトールパウダーは砂糖代わりとして使える

キシリトール製品はガムやキャンディーだけではなくキシリトールそのものがパウダーとして売られています。
料理に使う場合は甘みがやや足りないのですが、お菓子作りやコーヒーなどに入れる砂糖の代わりとしては十分使える味です。
甘味料としてのキシリトールは一般の人工甘味料に比べ、かなり自然な、砂糖に近い味ですので、ダイエットコカコーラなどで使われている不自然な甘みの人工甘味料の味にうんざりしている人でも受け入れられる味だと思います。

 

この後はお勧めのキシリトール製品を紹介していきます。

6、キシリトール100%ガム・キャンディ

XLB-00201-1

(商品のリンク→Xyloburst, All Natural Xylitol Gum, Peppermint, 5.29 oz (150 g), 100 Pieces

キシリトール100%ガムです。
キシリトール以外に甘味料は一切使われていないので、日本のキシリトールガムのように「噛めば噛むほど歯が痛む」などということはありません。

味は4種類あり、
ペパーミント
スペアミント
フルーツ
シナモン
となっています。

一番人気はペパーミントのようですが、私はフルーツ味がおすすめです。
シナモン味は辛めの味なので、好みが分かれそうです。

価格は1ドル110円計算で、100粒入り6.83ドル(約751円)。

・ガムを噛めない人にはキシリトール100%のキャンディー

XLB-00204-3

(商品のリンク→Xyloburst, Peppermint Mints, 200 Pieces, 4.23 oz (120 g)

入れ歯が入っていたり、歯が弱っていてガムを噛むのが難しい人は「キシリトール100%のキャンディー」をなめましょう。
ガムの様な口の中を掃除する効果は落ちますが、「唾液をドバドバ出して口内の酸性度を下げ、虫歯を予防する」という目的ならばこのキャンディーでも十分です。

このキャンディーも4種類の味があり、
ペパーミント
レモンミント
ベリーミント
シナモンミント
となっています。
(※シナモンミントだけなぜか値段が高くなっていることがあります。)

価格は1ドル110円計算で、200粒入り6.46ドル(約711円)。

7、砂糖代わりに使える低カロリーのキシリトールパウダー

MRL-00007-2

(商品のリンク→Xylitol USA, Xyla, Just Like Sugar, 1 lb (454 g)

・人工甘味料のステビアよりはるかにショ糖(砂糖)に近い味のキシリトール甘味料

砂糖代わりに使われる甘味料といえばステビアがありますが、ダイエットコカコーラなどを飲んでいる人にはおなじみのように「かなり後味の悪い癖のある味」です。
一方、キシリトールパウダーは一般のショ糖(砂糖)よりは甘みが弱めですが、ステビアのような後味の悪さというものがなく、人工甘味料が口に合わないでも人でも受け入れやすい甘さとなっています。
また、ステビアほどではありませんが、カロリーもかなり低く、血糖値が気になる人にもうってつけです。

ただ、味はステビアより良いとは言うものの、完全に砂糖の代用にはなりません。
コーヒーや紅茶に入れる砂糖の代わりなど、使用範囲は限られてくるでしょう。

・「北米広葉樹」から抽出したキシリトールを使用

iherbで売られているキシリトールパウダーは色々あるのですが、この製品の優れている点は「北米広葉樹から抽出したキシリトール」であるという点です。
市場に出回っているキシリトールはとうもろこしを原料とした物が多く、そしておそらくは安価に入手できる「中国産遺伝子組み換えとうもろこし」が相当紛れ込んでいると思われます。
この製品は、そのような原料の安全性の面で安心できるキシリトールパウダーなのです。

価格は1ドル110円計算で、 454g入り8.13ドル(約894円)。

8、子供向けキシリトール入り歯磨き粉

XLR-00072-10

(商品のリンク→Xlear, Kids Spry Tooth Gel, with Xylitol, Strawberry Banana, 2.0 fl oz (60 ml)

子供向けの甘い歯磨き粉です。
大人用の歯磨き粉では辛くて嫌がる場合に使える歯磨き粉です。

この歯磨き粉の特徴は、
・甘味料はキシリトール100%使用
・フッ素不使用
・グリセロリン酸カルシウム使用
・発泡剤不使用
の4点です。

かなり甘ったるい味がしますが、甘味料はキシリトールだけを使用していますので虫歯の心配はありません。

「フッ素不使用」というのはむしろデメリットに感じるかもしれませんが、わざわざこう表記されているのは、アメリカではかなり前からフッ素の危険性が指摘されているためです。
日本ではフッ素がまるで危険性が全くない成分であるかのように信じられていて、日本で売られている多くの歯磨き粉に「フッ素配合」とでかでかと表示されているのとは対照的です。

「グリセロリン酸カルシウム」とは歯の再石灰化を促す成分で、フッ素の代用品としてよく使われています。

味は3種類あり、
ストロベリーバナナ
バブルガム
オリジナル(ほとんどただの砂糖味)
となっています。

価格は1ドル110円計算で、60ml入り4.79ドル(約530円)。

 

※こちらの記事もどうぞ

 - キシリトール100%ガム, 食品